知っていますか!? 日焼けと皮膚の関係

スキンケア

知っていますか!? 日焼けと皮膚の関係

 日焼けから来るイメージは人により様々だと思いますが、人の皮膚にはよくないことも少なからずあります。昔のイメージでは日焼けをしている肌は健康的な肌で良いイメージとされていましたが今は違います。日焼けによる体へのダメージがクローズアッされており、日焼けによって白内障の原因になる場合もあるようです。

 紫外線が皮膚に入り込むと、皮膚からはメラニン色素が生まれ出され、皮膚にそのまま侵入させまいとするために起こる現象が、日焼けなのです。日焼けのせいでしみやしわができると、それは老化につながってしまうので、女性も20代をこれば気をつけなければなりません。

 日焼けをしてしまう状況の中でもただひとついいことは、太陽の光の影響です。人の体が太陽の光を浴びると、体内ではビタミンDが作られるため、体が元気になっていいといわれるのです。

 紫外線を長年にわたって浴び続ければ慢性障害として光老化が起こります。これは歳をとった後で現れてくる現象で、しわや色素斑しみ、そして皮膚の良性腫瘍、悪性腫瘍などです。紫外線のせいで皮膚の免疫反応が鈍くなるということも、最近の調べでわかっています。

 皮膚の弱い人の中では普通の人では何ら問題ない程度の日光でも色々な皮膚障害症状が出る光線過敏症も紫外線で起こることが多いようです。このように日焼けには悪い影響を及ぼされるものもあるので、健康になれるくらいの日の浴び方がちょうどいいのでしょう。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ