日焼けの原因と対策とは!

スキンケア

日焼けの原因と対策とは!

 日焼けの原因は紫外線ですが、紫外線は日焼けを作る一部分でしかありません。皮膚に紫外線が当たることで、皮膚の基底層にあるメラニン細胞が刺激されると、メラニン色素が生まれて日焼けが起きてしまうというしくみなのです。

 メラニン色素とは、日焼けだけでなくしみやそばかすも発生させるのです。紫外線の種類には代表的なものに2つありUVBとUVAと呼ばれています。UVBは、皮膚に赤い日焼けをさせ、UVAは皮膚に黒い日焼けをさせます。

 紫外線は普通の生活の中で日焼けをする原因を作っているといえます。この紫外線から肌を保護するために、外へ出るときは日焼け止めのクリームなどを忘れないようにしましょう。

 日焼け止めクリームを塗るときに肌が白っぽくなってしまうのを気にして、薄く塗る人が多いようです。しかし薄く塗りすぎるとどうしてもはげやすくなり、他の化粧と一緒に落ちたり、汗をふいたときなどに完全になくなってしまうこともあります。こんな塗り方では日焼け止めという効果は発揮できません。

 日焼けをしないためなのですから、やはりクリームはしっかり塗り、さらに2,3時間おきに塗りなおすようにすれば、日焼けを防止するのに効果は絶大です。外出先でもすぐぬれるように、日焼け止めクリームはいつも携帯するようにしましょう。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ