美容効果バツグン!秋の味覚『サンマ』は食べると嬉しいことだらけだった♡

健康管理・美容

美容効果バツグン!秋の味覚『サンマ』は食べると嬉しいことだらけだった♡

サンマは実はとっても栄養豊富なんです

さんまとは体が刀状で,秋の代表的な魚であるところから「秋刀魚」と書くそうです。

ダツ目の魚で口がとがり、体は扁平で、背面が暗青色,腹面は銀白色。全長は約40cmほど。腹びれが後方にあること、背びれとしりびれの後に小さなひれがあることが特徴。くち先と尾柄部後方は黄色味がかっています。

さんまは春、千島列島付近の海域で過ごします。そして夏の初めごろに北海道から三陸沖にやってきて産卵のための栄養を蓄え、太平洋岸を南下していく回遊魚。中には日本海へ入るものもいますが、太平洋でよく捕れる魚です。

餌は主に浮遊性の小型甲殻類(エビ、カニの仲間)を食べているのだとか。
だいたい、8月中旬から下旬に漁獲が解禁になるため、9月からは安くておいしいさんまが食べられるようになります。

出典 http://welq.jp

さんまの栄養って?カロリーはどれらいなの?

サンマはイワシなどと同様、背の青い青魚。もちろん、栄養はたっぷり。 「EPA」や「DHA」や良質なたんぱくも豊富でカルシウム、ビタミンも沢山含まれています。

(さんま100gあたり)
・たんぱく質・・・18.5g
・ビタミンA ・・・13μg
・ビタミンD・・・19μg
・ビタミンE ・・・1.3mg
・ビタミンB2・・・0.26mg
・カルシウム・・・60mg
・ナトリウム・・・130mg

・塩焼きのカロリーは111.5g(一尾分)で221kcalのカロリー。
・刺身は100gで310kcalのカロリー。
塩焼きは脂が落ちるため刺身の方が意外とカロリーが高いですね。

出典 http://welq.jp

さんまの5つの驚くべき「健康効果」

1.「EPA」で血液サラサラ効果

不飽和脂肪酸の一種である「EPA」エイコサペンタエン酸。さんまの脂肪分(脂質)に含まれていて、血液をサラサラにするはたらきがあり、脳血栓や心筋梗塞などの血液が詰まってしまう病気を予防するのに効果的とされています。

その効果は医学的にも証明されていて医療用医薬品としては閉塞性動脈硬化症、高脂血症治療薬にも使われているほど。人間の体内ではつくりだせないため、食品から摂る必要があり魚以外にはほどんど含まれていません。

出典 http://welq.jp

2.「DHA」頭の回転が良くなる!?脳細胞活性効果

こちらも必須脂肪さんの一種ある「DHA」ドコサヘキサエン酸。EPAとともに、さんまなど魚の脂肪分に含まれているもの。「頭がよくなる」として認知度は高い栄養素の一つです。

DHAは、神経細胞の細胞膜を柔らかくし、脳の働きを活発にしたり記憶力や学習能力を高める働きがあるのだとか。

また血中の中性脂肪量を減少させ、心臓病の危険を低減する働きも。さらに近年、社会問題にもなっている認知症の予防にも効果的があると期待されています。

出典 http://welq.jp

3.良質なたんぱく質で体力UP!

たんぱく質は、体を構成する細胞質の主成分で臓器や血液、皮膚、筋肉など、さまざまな部分を構成しており、エネルギー源として大変重要な栄養素です。

たんぱく質が足りないと抵抗力が弱まり、病気になりやすくなる可能性があります。さらに脳のはたらきが鈍り、記憶力や思考力が低下、また、うつ病の症状を引き起こしやすくなるそうです。

肉類や卵類は良質なたんぱく質食品ですが、摂取量が増えると動物性脂質のとり過ぎに陥る可能性がありりますが、逆に魚に含まれている良質なたんぱく質はメタボを予防する効果が期待できるのだとか。
体力があり健康な体に導いてくれると言われる由縁です。

出典 http://welq.jp

4.ビタミンAで眼精疲労に

さんまに含まれているビタミンAで一番良く知られているのが、眼の機能を正常に保つ効果ですね。点眼液に入っているものもあります。

まず人が物を見るときは、眼の奥にある網膜で受け止めて、それを脳に伝えることで、物を認識しています。その時に網膜で光を感じるには、”ロドプシン”という物質が必要ですが、ビタミンAは、体内でロドプシンを作る際に、必要になる栄養素です。

ビタミンAが不足して、ロドプシンの合成量が少なくなると、光を過剰にまぶしく感じるなどの目の不調や夕方や夜間に視力が低下して、はっきり物が見えない夜盲症になる可能性があります。
また、皮膚や爪、粘膜が乾燥して弱くなるため、免疫力が下がりウイルスや細菌に感染しやすくなる恐れも。

出典 http://welq.jp

5.カルシウムでイライラ防止に!

さんまに豊富に含まれるカルシウムは人間の体内で最も多いミネラルの一つです。個人差はありますが、体重の2%程度、つまり体重50kgの人の場合、約1kgもカルシウムが含まれています。

体内で最も多いカルシウムは、その99%が骨や歯に含まれていて血液に含まれる1%のカルシウムが、神経や筋肉の働きに重要な役割を果たしているのです。

血液中のカルシウムが不足すると、血圧が高くなったり、血液中の不足分を補う為に骨の中からカルシウムが溶け出し骨の中がスカスカになる骨粗鬆症の原因になると知られています。

またイライラしたら「牛乳を飲みなさい」と言われるように、脳や神経の働きに必要なカルシウムが不足した状態が続くと、ちょっとしたことで興奮や、イライラしたり、不安定な状態になっていく要因になります。

出典 http://welq.jp

123

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ